ご挨拶


ようこそ、いらっしゃいました。
『モントルーの調べ』の管理人、薄紅香(うすべにこう)です。

こちらは、池田理代子先生原作の『ベルサイユのばら』の
二次創作を主に扱っています。
また、イギリスのロックバンドQUEENについて、
日々のつれづれも書いていきたいと思っています。

since 2019.03.07
皆さま、こんにちは!

先週、拙ブログを更新してから、ヴェルサイユへと聖地巡礼の旅に行ってきました。

宮殿前UNIQLO」渡仏前に着る服を選んでいて、『これでしょ!』ってのが、年甲斐もなく恥じらいもなく、昨年UNIQLOで購入したオスカルさま軍服Tシャツです。これでヴェルサイユを歩いてきました。

今回は、時間が無く、宮殿内には入りませんでしたが、そちらに行かれた方の写メを見せて頂いたら、アントワネットさまの寝室が、リニューアルされていてとても綺麗でした。

わたしは、別行動でアントワネットさまのアモーへとプティトランでゴー!こちらも、Diorによって、リニューアルされました。以前は入る事が出来なかった、内部も見学ツアーに参加してたっぷり見てきました。アモーは、外見は農家ですが、内部は宮殿に劣らない、絢爛豪華な装飾で、あらまあ!・・・・・でした。

仮面舞踏会そして、今回の旅のメインイベントは、毎年夏至の晩に行われる、『仮面舞踏会』に参加する事!夜23:30から始まって、夜明けとともに5時に朝食がふるまわれるまで続きます。一晩中、ディスコタイム!疲れました。庭園の芝生の上で星を眺めながら、ゴロゴロ寝転んだり、キャンプファイヤーの前で、暖を取りながら仮眠を取り、何とか夜明けまで頑張りました。

2枚目の写真は、多分シャルロットが飛び降りたと思われる階段の所で撮ったものです。左端がワタシです(*ノωノ)。

仮面舞踏会は、国王のオランジェリーで行われ、ドレスコードは、バロックの衣装と仮面です。(ご覧の通り、私の衣装は、そうとも言えない時代でしたが、)

来場者の中で、ひときわ目立っていたのが、男装の麗人、ブロンドの髪を後ろで結んでいたスラリとした方でした。心の中で、『オスカルさま!』と呼んでいましたが、少々小柄なのが残念。


今回は、かなりオタク度の高い所を回ってきました。
忘れないうちに、ブログにアップしたいと思います。が、・・・・・頑張ります!

さて、第5章ですが、もうお気づきの通り、『ジャポン編』です。
今週も、2話アップしました。アンドレが・・・・・。なのです!
お楽しみいただければ嬉しいです。
        Hayddieでした。
2019/06/26(水) 01:21 お知らせ PERMALINK COM(0)
皆さま、こんにちは!
いかがお過ごしでしたでしょうか?

お休みさせて頂き、ありがとうございます。
その間も、いらして下さり、また、拍手も頂き、嬉しく思います。

この3週間、私は相変わらず、18世紀に関するレクチャーをうけにいったり、ドタバタと過ごしていました。ネットで様々な事を検索する事が出来ますが、実際に、現地に行ってお話しを聞いて、実物を手にした方から、こちらも、実物を手にしながら、お話しを聞くのはとても興味深いものでした。

知識が増えるのは楽しいのですが・・・・・
SSを書いていると、難しくなってくる場合もあります。
でも、思いました。『シリアスを書いてなくて良かった!!!!!』
この、一言です!

この一言と共に、第5章突入です。
場面が、ガラリと変わります。バスティーユの後、どうしようかと考えて(一応考慮はするのです(*ノωノ))イイヤ!○○しちゃえ!って、こうなりました。

かなり遊んで、楽しみながら書きました。(今までもですが・・・)

お気に召していただけると、嬉しいです。

 Hayddieでした。
2019/06/19(水) 02:23 お知らせ PERMALINK COM(0)